森田英介ウェブサイト

Eisuke Morita  森田英介


_MG_2266.jpg



ピアニスト 作曲 編曲



1971年東京都に生まれる。ピアノを始めたのは19歳と遅いながらも、青山学院大学在学中に市川秀男氏にその才能を見いだされ、卒業後、香川裕史氏らと自身のトリオを結成し、プロ活動を開始。その後、バイソン片山氏(dr)のレキュラーピアニストとして都内各地のジャズクラブにて経験を積む。2000年に平川象士氏(dr)と結成したBIG JOHNにてCD「La Fuente」をリリース。その後もサポートミュージシャンとして数々のCDアルバムに参加。

演奏するジャンルは幅広く、オリジナルユニットJazzberryではクラシックの要素を取り入れ新境地を開拓した。また、プライベートで行ったブラジル旅行をきっかけに、ブラジル音楽に魅せられ、演奏に積極的に取り入れ、小畑和彦氏(Gt)、上田裕香氏(vo)らとブラジル音楽をフィーチャーしたセッションを行う。

2012年、Gregg Lee氏、平山恵勇氏とともに自身のオリジナルアルバム「ANIMA」をリリース。またボーカリストからの信頼も厚く数々のサポート演奏に参加。現在は都内を中心に多くのミュージシャンのサポートを行う一方で、”秋の森に鹿が”、”E&A”といった新たなユニットでの活動も展開中。

また森、湖、蕎麦、温泉、銭湯をこよなく愛し、それらを味わえる演奏の機会を享受している






演奏主催者共演者の皆様

プロフィールの別バージョンや紹介文
以下の写真はフライヤー作成時等に
趣旨にあった物を自由にご使用ください

プロフィール1

森田英介

唯一無二のピアニスト。
時に美しく 時に奇想天外。
まるで遊ぶように音に色をつけ物語 を紡ぐように奏でていく
音楽性はジ ャンルを越え沢山の人に愛される

プロフィール2

森田英介

森田英介
甘美で天才的なメロディセンスに富んだ演奏で
引く手あまたのピアニスト

プロフィール3

森田英介

ピアニスト 
作曲 編曲 1971年東京都に生まれ。
19歳よりピアノを始める。
青山学院大学在学中に市川秀男に師事するとともに
香川裕史らと自身のトリオを結成しプロ活動開始。
その後 バイソン片山のレキュラーピアニストとして
都内各地のジャズクラブなどに出演,3枚のCDアルバムに参加。
また平川象士との共同ユニット"BIGJHON"ではベースに
岡田治郎、平石カツミ、箭島裕治等を迎え
六本木 pit inn や Blues Alley Japan を中心に
ライブ活動を続け2000 年
VMEより全曲オリジナルのCD”La Fuente” をリリース。
その後 森田英介トリオを結成し 新宿 Pit inn を中心に演奏。
また Latin、Brazil、Funk、Fusionなど幅広いジャンルの音楽を得意とし
小畑和彦 織原良次 Sebastiaan Kaptein 鹿島達彦 等
多彩なスタイルのメンバーと演奏活動を続け
2012年 Gregg Lee 平山恵勇とともに
自身のオリジナルアルバム"ANIMA"をリリース。
またボーカリストからの信頼も厚く
数々のサポート演奏に参加